コッキングエアガン 東京マルイ

エアガンレビュー 東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

東京マルイ M92FミリタリーモデルHG

コッキングエアガン

固定ホップアップシステム

全長   217mm

重量   389g (実測)

装弾数  22発

初速   59.8~61.7m/s 0.2gBB弾

初速   49.6~49.8m/s 0.25gBB弾

価格   3,500円 (税別)
 

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

実銃のモデル92は1975年にイタリアのベレッタ社が開発した
9mmパラベラム弾を使用するオートマチック・ピストルで
その後幾度となく改良が施され、92Fとなり
1985年アメリカ軍に「M9」として制式採用されました。

軍や警察に採用された事によって、必然的にそれから後に作られる
映画等でも露出がふえ、ダイハードやリーサルウエポン等では
主役の愛銃として登場し、ますます有名になっていきました。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

実銃はスライドとアウターバレルがスチール製、フレームが
アルミ製ですが、そんな冷たさが伝わって来そうな雰囲気を、
エアガンのオールプラスチック製という中で意識したのかは
分かりませんが、フレームとスライドで艶が微妙に違いがあり
滑らかな表面がメタルっぽさを演出してくれてます。

ちよっとスライドがプラスチック感強めですが・・・。

今時のポリマーフレームオートとは、ひと味違う堅牢な質感が
魅力的です。

刻印類は大人の事情で BERETTAの文字こそありませんが
左右の刻印の雰囲気は凄く近いです。

まあ、クオリティ自体は それなり程度になってしまいますが。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

グリップ・パネルのマークも、実銃ベレッタの3本の矢から
マルイは3本の剣に変わっていますが、雰囲気を壊さずシャレが
きいてるデザインで良いと思います。

グリップ自体はボリュームがあって、指の短い私などは太いなあと
感じるのですが、グリップ背面と手のひらがピタッとフィットするので
撃つ時の安定感は、あります。

ただ、撃つたびにコッキングしないといけない、コッキングエアガンでは
握り易さは影響してきますよね。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

アウターバレルの先端(2cm程度)マズル部分は別パーツに
なっているので、パーティングラインなどの成形痕等が無く
マズル内側のライフリングも、クッキリ綺麗に再現されています。

アウターバレルとマズルの別パーツとのつなぎ目は、通常は
スライドに隠れて見えないので、すっきり綺麗です。

インナーバレルはハイグレードらしく真鍮製で、実射性能に
期待が持てますね。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

スライドのセイフティレバーは完全なモールドなので動きません。
その代わりに、実銃で言うスライドストップ・レバーが
マニュアルセイフティになっていて、コッキングしてある時に
レバーを上にスライドさせてセイフティ・オンにすると
トリガーがロックされて、引けなくなります。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

フロント リアサイトは、共にきっちり成形されているので、狙い難さは
あまり感じませんが、ホワイト・ドットが入ってないので
寂しいことは寂しい。

何か工夫して白を入れてみるのも良いかもしれません。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

コッキングしていない状態でトリガーを引くと、ハンマーが作動して
ダブルアクションのギミックを楽しめます。
まあ、トリガーは軽くて、パチン、パチンと遊べるだけですが。

因みにシングルアクションのギミックも楽しめます。
指でハンマーを起こしてトリガーを引くと、パチンとハンマーが落ちます。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

コッキングのスライド後退量は、他のコッキングモデルより多く
よりリアル感がある。

ただ俊敏にコッキングしたい場合は、逆に不利か?

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

マガジンは、ほぼフルサイズで多少重量もあり、銃から抜くときも
マガジンキヤッチのリリースボタンを押すと、スルスルと抜け落ちてきて
気持ちいい。

ただマガジン・フォロアーの溝はないので、BB弾の装てんはマガジン・リップ
から無理やり押し込むタイプですし、何発装てんされているのか
分からないのが不便な所ですね。

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

このコッキングM92Fは非公式ながら通常分解っぽい事が
出来るらしいので、挑戦してみました。
これはホントに壊れやすそうなので、みなさん、分解するなら
自己責任でお願いします。

まずテイクダウンレバーを90度回し下げるのですが、ここが
第一の難関です。無理くりこのまま下げます。
固くてパキッと壊れそうな恐怖に耐えながら、エイッと下げます。
(ホントに割れるかも)

これでスライドは抜ける状態にはなっていますが
ただではぬけません。

スライドの最後部に指をあてて前に押したり、こねくり回してると
すこっと抜けます。

アウターバレル等はスライドから簡単に外せます。

ここまで来たらマガジンキヤッチのリリースボタンを
左右入れ替え出来そうに思えてきましたが
どうも、もっと完全に分解しないといけないらしく
パーツの加工も必要(未確認ですけど)らしいので
断念しました。

実射

18才以上用のコッキングエアガンと言う事で、スライドのコッキングは
重いのですが、丁度スライドに手をかける所に、モールドの
セイフティレバーがあるので、そこに指を引っ掛けて引けるので
他のコッキングモデルより、コッキングし易いですね。

ただスライドの引き始めは比較的軽くて、途中で急に重くなるので
軽い引き心地に油断していると、手が滑ってコッキングを失敗します。

コッキングエアガンのトリガープル(引き金の引き心地)は固いものですが
このM92Fは固いながらもスムーズに撃てる方だと思います。

ところで、実射性能ですが、私の思い込みで手間な事に。

最初この銃はガスガンより威力は無いのだからBB弾は0.2gの弾が
基本だろうと勝手に思ってしまって、実際0.2gのBB弾で撃ってみると
強いホップで、弾が終始上昇しながら飛んで行きました。

10mの的当てでも、ホップで弾が上昇するので狙点を
45cm程度も下げて狙わないと的の中心辺りに飛んでいきません。

天下のマルイ製なのに、どうしてなんだ?と嘆きながら
この銃に付属していた、少量のBB弾の箱をみると
なんと!0.25gBB弾と書いてあるではありませんか。

付属の紙にも純正の0.25gBB弾を使えと書いてある~。

説明書はちゃんと読みましょうね。

で、気を取り直して0.25gBB弾で撃ってみると、まあそれでも
ホップはやや強めですが、狙った少し上辺りをすぅ~っと飛んでいきます。
劇的に狙って撃てるレベルになりました。

10mの的当ても狙点修正が20cm位に縮まりましたし
0.05g違うだけでこんなに差が出るなんて驚きであります。

集弾性は0.2gでも0.25gでも同じ位で良いですね。

ただ0.25gBBでもホップは良く掛かっているので飛びは抜群ですが
初速はかなり落ちるので、見た目遅く感じるかもです。

距離 10m 2cm刻みの円 0.2gBB弾10発

距離 10m 2cm刻みの円 0.25gBB弾10発 

東京マルイ M92F ミリタリーモデル HG コッキングエアガン

マルイのコッキングエアガン・シリーズの中でも、このM92Fは
稼働パーツも多いし、ギミックとは言えトリガーアクションも楽しめるし
名実共にハイグレードタイプと言えます。

コッキング・ハンドガンを選ぶならなら、まず最初に
候補に入れるべき銃ではないでしょうか



楽天市場でみる

東京マルイ M92F ミリタリーモデル【ハイグレード/ホップアップ】 エアーハンドガン 【あす楽】


MARUI(東京マルイ) M92F ミリタリーモデル【ハイグレード/ホップアップ/対象年令18才以上】

Yahoo!ショッピングでみる

東京マルイ M92F ミリタリーモデル【ハイグレード/ホップアップ】 エアーハンドガン

東京マルイ M92Fミリタリーモデル エアーハンドガン(対象年令18才以上)

-コッキングエアガン, 東京マルイ
-,

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5