電動ガン DMT

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line
エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line
エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

KAC(ナイツアーマメント社)がアメリカ軍のM4カービン用に開発した
アクセサリー装着システムが「RIS(Rail Interface System)」です。

RISはピカティニー規格の20mmレイルが、上下左右の4面に装備された
ハンドガードを、元のハンドガードと交換する事で簡単に装着でき
用途に合わせて光学機器やフラッシュライト等の多種多様な
レイル対応アクセサリーを取付る事が出来ました。

ただ標準装備のハンドガード固定用のパーツをそのまま使うので
取付強度が甘いと言う欠点がありました。

そこで取付を強化されたのが「RAS(Rail Adapter System)」で
「RAS2」に至っては、ハンドガードのトップレイルが本体レシーバーの
トップレイルにネジで固定され、耐久性の向上が図られています。

しかしハンドガード固定リングを無理やり飛び越えて接合しているので
その部分だけ、レイルが盛り上がった恰好になってます。

更に後の改良型「FFRAS(Free Floating Rail Adapter System)」では
狙撃銃用フリーフロート仕様が開発されています。

現代ではKeyModやM-LOKの様に、必要な部分にだけレイルを
取り付けるシステムが主流になっていますが、レイルを付けたり
外したりが面倒くさいし、確実に取り付けられたか何時も不安だ!
と言う方には4面ガッツリのレイルも良いかも知れません。 

DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

電動ガン

可変ホップアップシステム
全長   600mm-680mm
重量   1,850g
装弾数    130発
価格   24,640円 (税込)

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

DMT(ダーク・マター・タクティクス)エアソフトなんて普段あまり耳に
しないエアガンメーカーです。

ダークマターだなんてスターウォーズの帝国軍か?!
(あれは、ダークサイドだった・・・)

帝国軍も使ってる銃・・・ではなくて、中国のメーカーで・・・

なんでも日本国内での総代理店AIRSOFT97が一丁一丁試射して
基準を満たしている物だけ出荷しているらしい。

これは海外製電動ガンの購入を迷ってる方だと、ハードルが
かなり下がるのではないでしょうか?

ちゃんと真面に撃てる電動ガンと解って買えるのですから。
しっかり保証書も付いてますし。

ちょっと小耳に挟んだところでは、DMTの電動ガンは
どうやらアークタウラスのOEMみたいです。

確かに言われてみれば、マイクロスイッチ・トリガーやバックストラップが
交換出来るグリップ、それにストックのバットプレート部分が
アレンジ出来る事など、アークタウラス製電動ガン・MUR MOD.Bとの
共通点も多いので、そうなのかも。

DMT-07 AR15 Combat Lighterは、海外製電動ガンでのスポーツライン
グレード(廉価版)のAR15タイプ(軍用で言えばM16・M4)エアガンになります。

外装は ほぼ樹脂製ですが、レシーバーは高強度ナイロン樹脂なので
実用的には問題ないと思います。

レシーバーの質感は少しギラギラザラザラ感があって安っぽいですね。
ハンドガードとストックは、ツルッとしたマットな質感で良いのに・・・。

まあ全体的に眺めれば、廉価モデルらしい雰囲気がプンプン漂ってます。

刻印類もセレクターの表示以外は、何も有りません。
サッパリしてます。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

ハンドガートは、補強のためにハンドガードのトップレイルが
デルタリングの上を跨いでレシーバーのトップレイルと接続している
独創的な形状の、ナイツアーマメント社「RAS2」をモデルに
しています。

ハンドガーも樹脂製なのは強度的には残念ですが、メタル製レイルの
凹凸部のエッジほど鋭くないので、素手で握っても痛くないという
メリットはあります。

7インチのハンドガードでアウターバレルは6インチと短く、NOVESKE
KX-3タイプのフラッシュハイダーが半分ハンドガードに潜り込むスタイルに
なっています。

バレル上にある、実銃でのガスチューブもきっちり再現されていて
ハンドガード先端はM4やM16でよく見る、ガスブロックを兼ねた
固定式フロントサイトは無く、ナイツアーマメント社の
FFRAS(Free Floating Rail Adapter Systemの様な、フリーフロート
タイプになっています。

ハンドガードの内側を見ると、完全なフリーフロートではなく
ダミーのガスブロックがハンドガード上部と接していますね。

ハンドガード基部の内側も補強パーツで固定されています。

エアガンM4やM16でのバレル根元がぐらつくと言う持病は
昔から呪いの様に続いているウイークポイントなので
しっかり補強されているのは、頼もしい限りです。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

バンドガードとレシーバートップの接合部は一段高くなっていて
マウントレイルも装備されているので、背の低いドットサイト等を
装着するには、丁度良いですし、覗く距離も良い位ですね。

ただ逆にスコープ等の大物を載せる時は、邪魔になったりします。
載せれますけど。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

半分程ハンドガードにめり込んだメタル製フラッシュハイダーは
イモネジで固定されていて、ハンドガード底部の穴に六角レンチを
挿して回して外します。

斜め方向の孔からイモネジは見えるので、頑張って回して外します。

ネジは14mm逆ネジですが、サプレッサー等はハンドガード内に入らないと
装着出来ないので、かなり限定されますね。

因みに、マルイ製ショートタイプ・ナイツタイプのプロサイレンサー
フルオートトレーサーは、ハンドガードと干渉して全滅でした。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

フロント・リアサイトはマグプルMBUSタイプで、樹脂製です。

フリップアップ式で、折り畳んだ状態でも、ハンドガンタイプの
アイアンサイトとして使用する事が出来ます。

フロントサイトは上下の狙点修正が、リアサイトは左右の狙点修正が
出来ます。

またリアサイトは、近接戦用と精密射撃用にビープホールを
切り替える事が出来ます。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

チャージングハンドルを引くとダミーボルトカバーが後退して
開いたままホールドします。

ボルトカバーが開くとホップアップの調整ダイアルが出てきます。
ホップアップ調整ダイアルの使い心地は・・・普通かな。

反対側のボルトリリースレバーを押すと、ボルトカバーが勢いよく閉じます。

右側側面のセレクターは、ダミーで動きません。

マガジンハウジング右側に「ACE LINE」のシールが綺麗に貼ってありますが
ちょっぴり残念な事に、上下逆さまでした。

文句有るなら剝がせや!って声が聞こえて来そうですが・・・。
いや~だって綺麗に貼ってあるので。

「ACE LINE」は有限会社スパーク(AIRSOFT97)さんオリジナルの
国産高性能モーター「INAZUMA」搭載モデルになります。

ネットのレビューから察するに、性能的にはマルイ製EG-1000
モーターより少し良い位でしょうか。

まあ性能云々よりも、海外製電動ガンに国産高性能モーターが
最初から搭載されていると言う安心感の方が、とても大きいと思います。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

レシーバーエンドプレートは、しっかりメタル製CQDタイプ・スリング
マウントが装備されています。

ストックは6ポジションのマグプルCTRタイプで、ストックを外して
ストックチューブ内にミニコネクタ・タイプの7.4Vリポバッテリーを挿入
します。

なので細いスティックタイプのバッテリーが必須です。

説明書には指定バッテリー 7.4V 2000mAh 30C以下とあります。

長さもあまり余裕が無いですが、ストックチューブに
収まらない場合は、ストックを短い位置まで縮めなければ
多少長いバッテリーでも大丈夫です。

ストックを外してバッテリーにアクセスするのが嫌な場合は
六角ネジ2本取ればラバー製のバットプレートが外せるので
そこからバッテリーを出し入れできます。

また付属するフタを穴に被せれば、ラバー製バットプレート無しの
状態で運用出来ます。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

グリップはマグプルMIADタイプで、交換用フィンガーチャンネル
タイプのフロントストラップとLサイズのバックストラップが付属しています。

バックストラップは簡単に差し替えが出来ますが、フロントストラップは
グリップ自体を外さないといけないので、やや面倒です。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

マガジンはPMAG GEN M3タイプで、装弾数は130発の
ノーマルタイプです。

マガジン・ボトムベースを外して中身を出せば、リアルカウントの
装弾数30発に出来る切り替えレバーがあります。

マガジンサイズは銃側のマガジン・ハウジングとピッタリ過ぎて
銃からマガジンを抜く時に、マガジン・リリースボタンを押しても
自然落下はしません。

実射

コンパクトなスタイルだし、ほぼほぼ樹脂製なので重量は軽く
取り回しがとても楽です。

スポーツライン・グレードなので質感を楽しむ観賞派には
向きませんが、何処かが歪んでるとかグラグラする等と言った
残念系レベルではありません。

ただマウントレイルが樹脂製なのは、サバケーなどでの酷使に
どこまで耐えられるかってのは、定かではありませんが。

このDMT-07はトリガーにマイクロスイッチが使われていて
トリガーフィーリングの向上に一役買っています。

バッテリーを外してセレクターをセミかフルオート位置にして
ゆっくりトリガーを引くと、ある位置でパチンと軽いクリック感が
有るのが分かります。

ここが一気に通電されるポイント位置で、普通に射撃した時には
撃ったと言う感触が指に伝わります。

マイクロスイッチの接点にある端子は、ある位置で一気にパチンと
接触するのが特徴で、ON・OFFにメリハリがあります。

これに適度にショートストローク化したトリガーを組み合わせる事で
レスポンスの良いトリガーフィーリングが生まれます。

このマイクロスイッチとINAZUMAモーターの組み合わせと成れば
いやが上にもテンションが上がるというものです。

実際セミオートのレスポンスとキレは上質でした。

フルオートも秒間16発程度と、元気いっぱいですね。

ただ銃身が短く、フラッシュハイダーもラッパ状になっているせいか
射撃音は、やや賑やかです。

弾道性能は最上級とまでは言えませんが、初速が高くて良く飛ぶし
安定感のある集弾性で優秀です。

実射性能優先の海外製廉価モデル電動ガンなら、超絶ダントツ
お勧め出来るモデルです。

これから益々色んなタイプ銃を出して欲しいと期待してしまう
DMT & AIRSOFT97ですね。

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

距離 12m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 
セミオート10発

DMT-0725.9℃ 50%
0.20gBB弾 平均初速   92.8m/s 
1発目 92.5m/s 
2発目 92.9m/s 
3発目 92.7m/s 
4発目 93.2m/s 
5発目 92.7m/s 

DMT-0725.9℃ 50%
0.25gBB弾 平均初速   83.7m/s 
1発目 83.5m/s 
2発目 84.1m/s 
3発目 83.1m/s 
4発目 83.7m/s 
5発目 84.2m/s 

エアガンレビュー ダークマタータクティクス DMT-07 AR-15 Combat Lighter ACE Line

   
アマゾン 楽天市場 Yahoo!ショッピング 
Yahoo!ショッピングでDMTをみてみる
楽天市場でDMTをみてみる

-電動ガン, DMT

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5