CYMA

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン
エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

CYMA M870タクティカル マグプル-スタイル

ポンプアクション式コッキングエアガン

固定ホップアップシステム

全長   930mm

重量   1,600g

装弾数  30発(3発同時発射式)

価格   16,500円 (税込)
 

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン
エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

実銃レミントンM870は、1951年に開発されたポンプアクション式の散弾銃で
現在でも狩猟用の他、警察や軍隊等幅広い分野で使用され続けています。

削り出しスチール製レシーバー等堅牢で耐久性が高く、安定した性能なのもそうですが
その価格の安さや、執行機関での採用実績も長年に渡りレミントンM870が
米国ユーザーに好まれている要因のひとつです。

マグプル・インダストリーズ・コーポレーションは、主にポリマーを用いた銃器メーカーで
社名のマグプルは、同社が最初に製造した製品の製品名で、マガジンをポーチから素早く
引き抜くために、マガジンに装着するゴム製ストラップ「マグプル」が、そのまま
社名になりました。

2014年にマグプルによって開発されたレールアタッチメントシステムである
「M-LOK」は、その優れた合理性と拡張性で瞬く間に普及し、現代タクティカルライフル
には必須アイテムと成りつつあります。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

中国のCYMA製M870 タクティカル・スポーツライン(廉価モデル)は、良くも悪くも
スポーツラインらしい作りのショットガンです。
実銃でのレミントンM870タクティカル・ショートバレルにマグプル製のフォアエンドとストックを
装着したカスタム・ショットガンをモデルアップしたもので、レシーバーやフォアエンドと
ストックはプラスチック製になります。

早速見てみると、多少マットな質感に仕上げられたレシーバーに刻印はありません。
刻印が有るタイプも販売されていますが、見た感じはプリントぽかったので(違ってたら
すいません)、あまり魅力も。この時在庫もなかったので今回の物は無刻印モデルです。

M870タクティカルのレシーバートップには、20mmマウントレイルが装着されていますが
実銃だとマウントレイル後部に装備されているリアサイトはありません。
マウントレイルもプラスチック製です。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

リアサイトが無いので、アウターバレル先端部分にフロントサイトも装備されていません。

金属製のアウターバレルの先端には、何やら物騒な形の金属製パーツが
装着されています。
こんな危なっかしいフラッシュハイダーは無しだろー!先っぽ触ると痛いし!
と思っていたら、実銃M870タクティカル用にもレミントンさんは作ってました。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ スポーツライン コッキングエアガン

実物の写真が無く、これは実物に似せたマルイ製M870タクティカル用なのですが
形が実物に近いので、これで。
これはチョークチューブで、前半分がフラッシュハイダー形状になってる物ですね。

チョークチューブとは、散弾銃の銃身の先端部分内側に装着するチューブ状の物で
銃口の径を狭くする事で、広がりながら飛んで行く散弾の広がり幅を幾分狭く
する事が出来ます。あまり散弾の飛びを広げたくない時に使うアイテムです。

勿論エアガンの場合はチョークチューブの効果はないので、このCYMA製M870
タクティカルに装着してある物もチョークチューブ部分はありません。
ただのフラッシュハイダー化してます。

フラッシュハイダー先端部分から中を覗くと、3発同時発射用の3本のインナーバレルが
見えます。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

マガジンチューブ先端のキャップはネジ式で、キャップを開ければショットシェル・マガジンを
2本収納する事が出来ます。
スリング(肩掛けベルト)取付け用のスリングスイベルは金属製で、キャッップを
取付ける時に挟み込んで固定します。
なのでマガジンチューブからショットシェル・マガジンを取り出す時には外れてしまいます。
また、スリングスイベルの取付け角度を変える事は出来ませんし、スリングスイベルと
フォアエンド先端との隙間が狭いので、スリングを装着するとフォアエンドと干渉
しそうです。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

フォアエンドはマグプル製レミントン870用フォアエンドをリアルに再現しています。
刻印は無いですけど。

実物フォアエンドの両側と底部には、M-LOK規格のスロットが開けられてます。
M-LOKはマグプルが開発したレールアタッチメントシステムで、スロットのサイズは
7mm×32mmに規格が統一されています。

CYMAのスロットを測ってみると高さが平均5.4mmしかなく、CYMA製M-LOK用マウント
レイルを試しに装着しようとしましたが、スロットが小さくて装着出来ませんでした。
残念。

因みに、底面のスロットの幅は大きかったのですがコツキングの構造的に
元々装着は無理でした。

フォアエンドの表面はシボ加工が施されていますが、プラスチック素材そのままなので
ツルツルと滑りやすいですね。

マガジン・チュープ周りはコッキングシステムのためか、デフォルメされているのですが
ショートバレルなのでマガジン・チュープも短くて、あまり目立たないのは幸いです。

それに、フォアエンドと機関部を結ぶアクションバーとかは、実銃と同じ様に作って
しまうと、直ぐに壊れるでしょうからコッキング仕様にして正解でしよう。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

フォアエンドを引いてコッキングすると、ダーミーボルトが半分程度開きます。
まあ半分でも動く方が楽しいですが、エジェクションポートの中はつまらない光景です。
せめて、真っ黒にして欲しかったです。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

ストックもマグプルタイプで、バックプレート部分に2枚のスペーサーを抜き差しして
ストックの長さを調節する構造も、忠実に再現されています。
作業自体も六角ネジ1本を外すだけで、バットプレート部分が引き抜けるので
簡単に調整出来ます。

スタンダードのレミントンM870では、まあ体付きにもよりますが私の場合ストックが
長くて結果的に構えた時にフォアエンドが遠くに感じて、少し引き難いと感じます。
なのでストックの長さが調節出来るのは、大変ありがたいですね。

ストック両側にある、スリングのベルトを取付ける部分はプラスチック製なので
スリングを付けて荒く取り扱うのは、注意が必要です。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

CYMA製M870タクティカルには、サイドマウント・シェルキーパーが付属しています。
これはレシーバー左側に取付けられる、ショットシェルのホルダーで
本体はプラスチック製ですが、マウント部分は金属製なので、取付けはガッシリしています。
ショットシェルを装着する孔には、装着したショットシェルがずり落ちない様に
柔らかい素材の突起があるのは、親切ですね。(写真②)

取付けは まず、写真①のレシーバー部分の2本の六角ネジを外します。
次にシェルキーパーを、取付けるネジ穴に合して元のネジより長いネジが付属しているので
そのネジを使って取付けます。(多分そうです。なんせ説明書が付属して無いものですから)

CYMA製M870タクティカルには、ショットシェル・マガジンは1発しか付属してないので
CYMA製ショットシェル・マガジン6本セットを合わせて購入しておけば
丁度シェルキーパーに6本挿せます。

シェルキーパーにショットシェル・マガジンを上から挿そうとしたら、固くて
ショットシェルに巻いてあるシールが剝げそうになったので、下から挿しました。
下からの方が、幾分挿し易い様です。(写真④)

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

ショットシェル・マガジンの装弾数は30発で、付属してるマルイ製に激似のBBローダーで
ショットシェルの頭部から、BB弾を装てんします。
3発同時発射で装弾数が30発なので、10ショット撃てる事になります。

ショットシェルの文字は、プリントされたシールが巻きつけてあるだけなので
ちょっと安っぽいですね。

ショットシェル・マガジンはマルイ製と互換性があるみたいですよ。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

シェルキーパーを取り付けたついでに光学サイトを載せてみました。
一番上は3~9倍のスコープです。真ん中はホロサイトで、一番下は小型のドットサイトを
付けてみました。
なんだかどれも似合いますねえ。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

ショットシェル・マガジンの装てんは、実銃でのローディングポート部分に装着します。
実銃でのアクションバーロック(矢印部分)を押し込むとロックが解除されて
フタが開くので、先にショットシェル・マガジンの頭から差し込み、全体を押し付けて
装着し、フタを閉めます。
ショットシェル・マガジンを取り出す時も、ロックを解除するとフタが開きショットシェル
マガジンの後部が少し浮くので、指で摘まんで取り出します。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

トリガーガード付け根部分にクロスボルト式のセイフティがあります。
左側から押すとセイフティになり、トリガーがロックされ反対側から押し戻せば
解除されます。
通常時でもコッキングした状態でもセイフティにする事が出来ます。
セイフティ状態でもコッキングは出来ます。

実射


スポーツラインモデルのプラスチック製なので、剛性感が今一つなのは
しょうがないですね。
プラスチック部分がナイロンファイバー樹脂製にグレードアップしたら格段に魅力的に
なりそうですが。

ポンプアクション式のコッキングエアガンなので、フォアエンドを引くのがかなり重いので
余計に銃のきしみを感じる様な気がします。
まあ、プラスチック製と言う「先入観」もある程度手伝ってると思いますが。
フォアエンドを引いて戻す操作音が、素早く操作すると「ガッチャン」と結構良い音が
するのは、予想外に嬉しい点でした。

コッキング自体は、18歳以上用で3発同時発射のコッキングエアガンなので、コッキングの
重さも最上級レベルですが、マルイ製の同クラスと比べて別段重いこともなく
意識してしっかりフォアエンドを握って引けば、手が滑ってコッキングを失敗する事も
無いでしょう。

このCYMA製M870タクティカルは、ラピッドファイヤー・システムを搭載しているので
トリガーを引いたまま、フォアエンドを引いて戻す操作を続けると連射する事が
出来るのですが、頑張れば連続コッキングして全弾撃ち尽くす位はできますね。

トリガープルが重いのもコッキングエアガンの宿命ですが、一気に引いてしまえば
ブレも少なく撃てるでしょう。重いけど粘っこくは無いので。

私の場合18歳以上用では、ハンドガン以外は基本0.25gBB弾を使うのですが
固定ホップアップ仕様の場合は、自分で飛びを変えられないので0.20gにするかどうか
何時も悩んでしまいます。

今回は3発同時発射なので、0.25gBB弾だと飛びに重々しさが感じられましたし、0.20gBB弾
でも、弾道は浮かずにフラットな飛びでしたので0.20gBB弾が適している様です。
まあ、0.25gBB弾と両方テストしましたが。

距離12mの集弾性でも、散らばり方もそんなに差は無いので、元気に飛ぶ0.20gBB弾の
方が良いですね。

これ位の散り方なら、比較的近接戦で結構使えるのではないでしょうか。
まあ、耐久性が気になる所ですが。

そんな不安はありますが、なかなかに性能良くて取り回しも良く楽しいショットガンです。

CYMA M870タクティカル 25.4℃ 45%
0.20gBB弾 平均初速   86.7m/s 
BB弾1発発射-1発目 87.2m/s 
BB弾1発発射-2発目 86.9m/s 
BB弾1発発射-3発目 86.2m/s 
BB弾1発発射-4発目 87.2m/s 
BB弾1発発射-5発目 86.2m/s 

ショットシェル・マガジンにBB弾を1発だけ装てんして、1発発射を計測しました。
因みに2発発射の平均は、76.4m/s 3発発射の平均は、63.1m/sでしたが
正確に計測出来たのかは疑わしいので、(複数飛んでる弾を計測してるので) 参考まで。

CYMA M870タクティカル 21℃ 49%
0.25gBB弾 平均初速   78.6m/s 
BB弾1発発射-1発目 78.3m/s 
BB弾1発発射-2発目 78.1m/s 
BB弾1発発射-3発目 79.3m/s 
BB弾1発発射-4発目 78.3m/s 
BB弾1発発射-5発目 79.1m/s 

こちらもショットシェル・マガジンにBB弾を1発だけ装てんして、1発発射を計測しました。
因みに2発発射の平均は、67.3m/s 3発発射の平均は、55.3m/sでしたが
正確に計測出来たのかは疑わしいので、(複数飛んでる弾を計測してるので) 参考まで。

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

距離 12m 2cm刻みの円 0.20gBB弾 
3ショット×5発 

エアガンレビュー CYMA M870 タクティカル マグプルタイプ(CM356) スポーツライン コッキングエアガン

距離 12m 2cm刻みの円 0.25gBB弾 
3ショット×5発  

楽天市場でM870タクティカルをみてみる
Yahoo!ショッピングでM870タクティカルをみてみる

-CYMA

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5