ダブルイーグル 電動ガン

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン
エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

Double Eagle Q Honey Badger 

FCU、Falcon DFCS 2.0(Digital Firing Control System)搭載電動ガン

可変ホップアップシステム

全長   610mm(伸長時705mm)

重量   2150g

装弾数  120発

価格   28,000円 (税別)
 

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン
エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

アメリカの大手サイレンサー・メーカーのAAC(Advanced Armament Corporation)が
ヘッケラー&コック社 MP5SDの後継を狙って、2011年に開発したのが元祖
「ハニーバジャー」です。

ハニーバジャーとは、イタチ科の雑食哺乳類 ラーテル(日本名ミツアナグマ)の
英名で蜂蜜や蜂の幼虫を好んで食べる事に由来しています。

世界一怖いもの知らずの動物としてギネスブックに登録されているほど気性は荒く
柔軟かつ頑丈な皮膚を持ち、コブラ等の神経毒にたいして耐性をもっていて
何でも襲って食べようとする貪欲なやつなのです。

そんな勇ましい名前を付けられたハニーバジャーは、短く抑えられたバレルと大きな
サイレンサーの一部分又は大部分をハンドガードに包まれ、リトラクタブル・ストックを
装備するPDW(Personal Defence Weapon=個人防衛火器)で、グループ会社の
レミントン社と共同で開発した「.300ブラックアウト弾」(7.62×35mm)を使用します。

.300ブラックアウト弾は、AK-47が使う7.62×35mm弾とSR系の5.56×45mm弾を
足して2で割った様な弾で、弾頭はAKと同じ7.62mmで薬莢下部分は5.56mmと同じ
形状になっています。
5.56mmより威力が高いけどSR系と同じサイズで、違和感なく操作出来る銃を
作れる汎用性を持っています。
サイレンサー装着時に消音効果が高くなる亜音速弾なので、サイレンサーを
標準装着するハニーバジャーには、まさにピッタリな弾ですね。

新しいPDWとして関心が寄せられたハニーバジャーでしたが、AACの親会社
フリーダムグループの経営方針によって、ハニーバジャーの開発プロジェクトは
凍結されAACの創設者でハニーバジャーの設計者でもある
ケヴィン・ブリティンガムは解雇されました。

ブリティンガムは2016年に、新しく「Q LLC」を立ち上げ、新生ハニーバジャーを
開発、発表しています。

AACの元祖ハニーバジャーは、プロジェクトは再開されたものの、頓挫している間に
SIG SAUERからハニーバジャーと同じ様なコンセプトで、性能面でより優れている
MCXが開発され、苦戦を強いられています。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

さて、今回はDouble Eagle製 「Q CLL 新生ハニーバジャー」なんですが
このダブルイーグルって、このサイトでもレビューしてる通りコッキングタイプの
エアガンなどは縁日の露店で、白い発泡スチロールのケースに入ってて~
透明なフィルムが張ってあって~ケースの中の銃が見える様に陳列してるやつ。
そんなイメージしか無いのですが、今回のハニーバジャーは今時の真面な
電動ガンっぽいです。
簡易版ですがガンケースに入ってましたし。
まさか全く別の会社って事は無いと思いますが。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

ダブルイーグル社のマークも変わってるし、経営者が変わったのかな?
露店クオリティは存続するのか、気になる所です。

で、外観ですがレシーバー周りは雰囲気的に良く再現されていると思います。
材質ですが、レシーバーは樹脂製でハンドガードはアルミ製になります。
僅かにザラザラしたレシーバー樹脂部分はプラスチック然とした感じも無く
アルミ製ハンドガードとの相性も良くて、質感は良いですね。
剛性感もあります。

刻印類は、セレクター部分以外は全てプリントなのが残念です。
使ってるうちに剝げてくるのは悲しいですから。
特に「Q」の文字は大きくて目立つので刻印がよかったなあ。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

あと、実銃のセレクター表示は文字ではなくピクトグラムなんですが まあ
細かい事を言えば、切りがないのでね。

セレクターはアンビ(両側)タイプなのですが、銃左側に比べると右側のセレクターが
少し小ぶりなサイズなので、やや操作し難さがあります。

マガジンハウジングとマガジンのクリアランスは、やや緩い方なので
マガジンキャッチ・リリースボタンを押すと、マガジンは自然落下してきます。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

ハンドガードも再現性は高いですが、バレル共に実銃より少し延長されています。
スリムなハンドガードは8角形で、上面はレシーバーから連なるトップレイルが
伸びていて、その他の面にはM-LOK規格の孔が開けられています。

M-LOKの「M」のマークは実銃だとハンドガード底面にありますが、サイドにある方が
カッコイイですよね。

トップレイル先端には、樹脂製フリップアップ式のフロントサイトが装備されています。
ドットサイト等を装着した時は、取り外さなくても折りたためば良いので便利です。
まあ、スッキリしたい場合は取り外せばいいですけど。

マズル先端のフラッシュハイダーは、側面の孔の列が実銃より少ないですが
実銃の物とそっくりです。

実銃では、このフラッシュハイダーに被せる様に専用のサイレンサーを
装着する事が出来ます。
フラッシュハイダーの根元の筋はサイレンサー装着用のねじ切りでした。

ダブルイーグル製はネジになってるか微妙。
そもそも、そんなサイレンサーは売ってないですし。

フラッシュハイダーはイモネジで固定されていたので、ネジを緩めて
外そうとしましたが、これが固くてびくともしないので諦めちゃいました。
フラッシュハイダーを外せば14mm逆ネジなので、手持ちのサイレンサーが
装着出来たのですが。
気合いが足りなかったか・・・・・。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

気を取り直して、M-LOK対応マグウェルグリップを装着してみました。
本当はもっとマグウェルにくっつけて装着するのですが、ハンドガード底面の
一番根本の孔は使用できない(実銃と同じ仕様)ので、少し離れてしまいました。
それでもコンパクトタイプのライフルなら、マグウェルグリップはフォアグリップより
断然銃を構えた時のフィーリングが良いです。

因みにM-LOKとはModular Lockの略で、銃器メーカーのマグプル社が2014年に
開発したアタッチメントシステムです。
スロット(孔)の規格は7mm×32mmで、スロットの間隔も決められているので
複数のスロットをまたがった装着も出来ます。
アタッチメントの装着も簡単で、ナットが取り付けられたアタッチメントを表側から
差し込んで装着し、ナットを締め付ける様に90度回せば内側でスロットとナットが
嚙み合ってアタッチメントが固定されます。

ダブルイーグル製ハニーバジャーは、ハンドガードが樹脂製の、いわゆる
スポーツラインモデルも発売されていて、アルミタイプより100g軽くて
価格は2,000円位安いかな?
なので、より軽さを求めてる方は樹脂ハンドガードモデルを、M-LOKを多用
するため堅牢さが必要な方はアルミハンドガードモデルが良いでしょう。
(樹脂製ハンドガードは真横と底面の列のみがM-LOK規格の孔で、斜めの列の
孔では、M-LOK対応アタッチメントを固定出来ません)

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

チャージングハンドルも雰囲気的には実銃の物に似ていますが
デフォルメされています。
リアサイトはフリップアップ式が装着されています。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン
エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

フロントサイトは上下(エレベーション)の調整が、リアサイトは左右(ウインテージ)の
調整ができます。
どちらのダイヤルもクリック感があって使い易いです。

リアサイトはビープホールタイプ(孔を覗いてフロントサイトと標的を重ねる)で
大きい孔の近接戦闘用と小さい孔の精密射撃用を、シーソーの様に倒して
切り換えます。

でもまあ、今時ですからドットサイトとか付けちゃいますよねえ。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

チャージングハンドルを引くとダミーボルトが必要最低限後退して、ホップアップ
調整ダイヤルが出てきます。
ダイヤルを上下に回転させて調整しますが、ダイヤルは丁度良い固さで
回し易いです。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

 ストック部分も実銃より少し長めに作られています。
ストック両サイドのリリースボタンを押し込むと、バットプレート部分が少し飛び出す
ので、そのまま引き出せばストックアームが伸びます。
ストックは3ポジションですね。

バットプレート部分は孔が開いてて下が割れてる奇妙な形をしていますが
これは実銃のアームブレース(正式名はスタビライジングブレース)を模したため
この様な形になってます。
アームブレースは柔らかいプラスチック製で、銃のグリップを握っている腕に
挟み込んで、さらにその上からベルトを巻きつけて腕とアームブレースを固定します。
(ダブルイーグル製ハニーバジャーでは、素材が固く腕は挟めません)

実銃のアームブレースを使った射撃シーンが4分30秒~からあります。

なぜ実銃はストックではなくアームブレースを装着しているかと言うと、アメリカでは
ライフルと呼ばれる物は銃身が16インチ以上なければいけません。
16インチ以下の物は「SBR(ショートバレルライフル)」に分類され規制が厳しくなり
民間人が所持するための審査は、大変な手間暇がかかります。

これでは銃器メーカーとしては商売あがったりなので、規制を回避するために
考えたのがSBRではなく、比較的簡単に所持出来るピストル扱いにしてしまえ!
と言う事。

ピストル扱いにするには、ストックやフォアグリップが有ってはいけません。
なのでストックではなく、腕で保持するための道具としてアームブレースが
装着されていると言う訳です。
実銃ハニーバジャーもSBR用ストックタイプとアームブレースタイプがあります。

しかしアームブレースは実質ストックとしても使えてしまうので、初めて発売されてから
物議を醸し、取り締まるATF(アルコール、タバコ、火器爆発物取締局)の見解も
ころころ変わってきましたが、どうやらアームブレースを取り付けた
ハニーバジャーでも、SBR扱いになった様です。

今更規制対象にされても、既に所持してる民間の方々はいい迷惑ですな。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

ストックのバッテリー収納スペースは幅が狭いので、小型な物が必要になります。
接続はT型コネクターですが、一般的なミニコネクター用変換アダプターも
付属しています。
ただ収納スペース内にストックアームも通るので、バッテリーを収納したら
ストックアームはむやみに動かさない等、コードの断線・損傷には注意が必要です。

因みに写真に映っているバッテリーは、LayLax製T型コネクター7.4V1200mAh
リポバッテリー17.5×18.5×93.0mmです。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

マガジンはPMAG(マグプル社のポリマー製マガジン)タイプで装弾数は120発です。
格子状のデザインが特徴的ですね。
゙数字が割り振られているので、残弾確認が出来る窓付きタイプマガジンの
モデルアップの様ですが窓は無く、ノーマルタイプとの合いの子的マガジンですな。

マガジン上部側面の使用弾薬に5.56×45とあるのは、ご愛嬌。
(これじゃーSTANAGマガジンだ~)
正しくは、7.62×35です。
.300ブラックアウト弾」(7.62×35mm)を使ってる銃のモデルアップですから。

ダブルイーグル製ハニーバジャーには光センサー装備のFalcon DFCS2.0
(Digital Firing Control System)というファイヤーコントロールユニットが搭載されて
いて、トリガーを操作する事で簡単に3つのモードを設定する事が出来ます。

MODE1---セレクター・フルオート時の設定をフルオート、1~5点バーストショット
に変更出来ます。

MODE2---トリガーレスポンスを三段階から選べます。

MODE3---セミオート時のダブルショットのオン・オフが出来ます。

実際の操作方法は、動画にまとめました。

実射


ダブルイーグル製ハニーバジャーは、樹脂製レシーバー仕様しか無いのですが
剛性感はありますし、コンパクトで軽く取り回しが非常に良いです。

実銃よりストックも伸ばされてるので、構え易く扱い易いと思います。

スリムなスタイルですがM-LOKで拡張性もありますし、電子制御トリガーで
キレ感も良いです。
ダブルショットや選べるバーストショット等楽しい機能を搭載していて
コストパフォーマンスが高い銃ですね。

ただ小さいバッテリーしか使えないのが残念な所です。

フルオートの連射サイクルは、11.1Vのリポバッテリーで秒間16発程度で、マルイの
次世代電動ガンMP5と同程度。
8.4Vニッケル水素バッテリーと7.4Vリポバッテリーが同じ位の秒間12発程度で
マルイ製スタンダード電動ガンより少し遅い感じ。

フルオートを多用するなら11.1Vリポバッテリーを使えば連射が気持ちいいですが
銃を労わるならあまり使いたくないし、悩ましい所です。
連射サイクルが秒間16発程度なら11.1Vリポバッテリーでも大丈夫そうですけれど。

実射性能は一言で言えば良いですね。フラットで落ち着いた飛びを見せてくれます。
12mでの集弾性も素晴らしく安定感もありますね。

コンパクトで銃身も短いので、やや弾道も暴れるかなと思っていましたが
以外に優等生でした。
楽しくて優等生だなんて、格好良すぎるで。

軽くて面白いので、実戦派なら存分に楽しめる銃ではないでしょうか。

エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

リッチテキストエディタ, description, ヘルプは ALT 0 を押してください

Q ハニーバジャー22.6℃ 51%
0.25gBB弾 平均初速   78.4m/s 
1発目 78.4m/s 
2発目 78.2m/s 
3発目 77.7m/s 
4発目 79.3m/s 
5発目 78.4m/s 
エアガンレビュー ダブルイーグル ハニーバジャーSBR 電子トリガー 電動ガン

距離 12m 2cm刻みの円 0.25gBB弾 
セミオート10発

楽天市場でHoney Badger をみてみる
Yahoo!ショッピングでHoney Badger をみてみる

-ダブルイーグル, 電動ガン

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5