ブローバックガスガン BATON airsoft CO2ガスガン

エアガンレビュー バトン エアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン
エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

BATON airsoft BH-USP Tactical

CO2ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   213mm

重量   957g(実測)

装弾数  26発

価格   23,980円 (税込)
 

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン
エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

ドイツの銃器メーカーH&K社が1970年に、合成樹脂(ポリマー)を多用し革新的な拳銃として
開発したH&K VP70が全く売れず(まあ、見た目からして怪しい) しばらくの間
ポリマー開発から遠のいていましたが、オーストリアのポリマーフレームオート グロック17が
爆発的にヒットするや否や、再度奮起して1993年に開発したポリマーフレームオートが
USP(Universal Self-loading Pistol)です。

そのバリエーション・モデルの1つが USPタクティカルで、位置付け的には
US SOCOMの制式採用に向けて、SOCOMの要求をクリアする性能を出すため
超バカでかくなってしまったH&K MK.23のコンパクト版といったところ。

なので45ACP弾仕様がこの銃の性格に合ってると思うし、国内のエアガンメーカーでは
KSCさんがモデルアップしているUSPタクティカルも45ACP弾仕様ですが
今回バトンさんがモデルアップされたのは、9×19mmパラベラム弾仕様の
USP タクティカルです。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

バトン エアソフト製 BH-USPタクティカルは、これ無塗装の樹脂素材の
ままだと思うのですが、特にスライドは光に当たる所ではザラザラ感の強い表面ですね。
薄暗い所では艶消しっぽく変わるのですが。

フレームとグリップ部分は、スライドよりはやや黒く落ち着いた質感で
実銃のポリマーフレームオートの材質の違う雰囲気を出せているかな。

刻印類は大人の事情からか社名は無く、細かい部分も省略されています。
せめてチャンバー部分には欲しかったですが、何も無し。
特に銃の右側は、グリップの「USP」のみなので、寂しい限りです。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

アウターバレルは、サイレンサー装着用のねじ切りが施されたメタル製
スレッデッドバレルで、ネジは14mm逆ネジ仕様。

バレルのブレを防止するOリングも再現されています。

マズル内側には、USPの特徴である多角形構造のポリゴナル・ライフリングが見えていて
インナーバレルは目立たない様に着色されているので、なかなか良い眺めです。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

フロントサイトはサイレンサー装着に対応して、背を高くしてあるハイサイトタイプ。
リアサイトはメタル製で、上下左右の調節が出来るフルアジャスタブルタイプで
リアサイトもフロントサイトに合わせて高くなっています。

フロント・リアサイト共に背面に反射防止のセレイションが刻まれています。
そのため、ホワイトドットはありません。

実際リアサイトを、マイナス精密ドライバーで調節してみると、上下の調節は
クリック感がカチカチとしっかりあって心地良いですが、左右の調節はクリック感が
ほぼ無い感じです。この個体だけ?

早速マズルにマルイ製のショートタイプ・プロサイレンサーを装着してみましたが
このサイズのサイレンサーならギリギリ、エイミング(狙う動作)出来ますね。

ただサイレンサー使用に関して注意事項が!(詳しくはレビュー後半の実射で)

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

フレーム先端のダストカバー部分にフラッシュライト等が装着出来る
いわゆるアンダーマウントレイル的な物が装備されたのは、実銃のUSPが
最初で、それゆえ規格等無く独自の物なので、専用のライト等しか装着出来ません。

なのでバトン BH-USPには、様々なアイテムに対応するためメタル製の丈夫な
ピカティニー規格のレイルアダプターが標準装備されています。

このアダプターは六角レンチでネジを取れば取り外す事ができるので、USP本来の
姿が良いな~と思った時はアダプターを外して楽しめます。

このアダプターはメタル製で質感も良く、その他の金属パーツと同様に銃本体との
馴染みが良い。ただ金属パーツの塗装自体は弱く、既に少し剝げかかってる部分も
所々にあります。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

USPのコントロールレバーには機能別に数種類のバリエーションがあって
バトン BH-USPが再現しているのはヴァリアント 1タイプで、シングル・ダブルアクション、
セイフティとデコッキング機能を併せ持った、コントロールレバーが銃左側に
装備された物になります。

セイフティはハンマーの状態に関係なく「オン」に出来て、セイフティにすると
トリガーはロックされるのではなく、トリガーは引けますがスカスカになり撃てません。

ハンマーが起きている時にコントロールレバーを押し下げると、デコッキング機能が働き
安全にハンマーが落ちます。

再度射撃する時には、指でハンマーを起こしてシングルアクションで撃つか、そのまま
トリガーをひけばダブルアクションで撃てます。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

マガジン・リリースレバーは左右どちらでも操作出来るアンビタイプですが
バネが強くて、レバーを押し下げるのもキツイですね。

重たいマガジンを引っ掛けておくために、バネを強くしてるのでしょうか?

グリップはUSP独特の前後に平べったい持ち心地。
前後面のチェッカリングはエッジが効いていて、痛いほどで
グローブでもしっかりグリップ出来そうです。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

ホップアップの調節はチャンバー左側部分のダイヤルを上下に回しておこなうので
銃をホールドオープンの状態にして、指で引っ掛けて回します。

ただホップアップの調節が若干微妙な感じなので、指を突っ込んで繊細にダイヤルを
動かすのは、やや難しい。

そんな時は、ちと面倒ですが通常分解しての調節が楽です。
でも何回もやり直すのは、もっと面倒ですが。

通常分解はマガジンを抜いて、スライド・リリースレバーのピンの位置に
スライド・ノッチ部分を合わせて(右上の写真)、反対側からピンを押して
スライド・リリースレバーを抜くとスライドが前方に抜けます。

スライドからチャンバー部分を外せば、ホップアップ調節ダイヤルは露出しているので
簡単に回せます。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

ホールドオープン時のスライドストップ・ノッチの削れ対策も施されていて
全弾撃ち尽くすとスライド・リリースレバーと連動したパーツが、スライド内側の
金属パーツ部分に引っ掛かかる事でホールドオープン状態にし
実際にはノッチとスライド・リリースレバーが接触しないようにして、ノッチの変形を
防ぎます。

エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

BH-USPのマガジンは大きなマガジン・バンパーを装置した独特の形状ですが
実銃オプションの20連マガジンを模してるそうです。

マガジンの装弾数は26発で、BB弾の装てんはマルイ製マガジンの様に
マガジン・フォロアーを一番下まで下げて、フォロアー・スリットの広くなってる部分から
BB弾を流し込みます。

CO2 12gカートリッジの装着は、マガジンバンパーのリリースレバーを上に引き上げ
ロックを解除して、バンパーをマガジン前方にスライドして外します。

次にマガジン底部のマイナスねじのフタを外しカートリッジをポンと入れ、フタを少し
取り敢えず、負荷が掛かる所まで回し込みます。
そして最後は一気にフタを回して、ガスの漏れる音がしなくなったら完了。
あまり強く締め付けると、パッキンが痛むので程々が良いと思います。
後はバンパーを元に戻して終りです。

実射

USPは久しぶりだったけど、やっぱり体格がいい。グリップを握ってもそんな印象で
時代を感じさせます。
しかもBH-USPは結構重い。なのでサイドアームとして一日中腰にぶら下げて飾りに
しておくのは苦行でしかない様で、俺は主役しかやらねえ!と銃が主張している。

スライドの操作感はスムースで、スプリングが強いからスライドの戻りも勢いがありますが
戻り切った時のプラ感の強いパコンッという音は、樹脂製スライドだからしょうがないですね。

射撃時のリコイルショックは私が知っているCO2ガスガンの中では最高レベル。
バトンさんの製品紹介動画の中では、リコイルの強さは同社の1911系より弱く
2011系より強いと紹介されていましたが、手持ちのバトン M1911A1と
撃ち比べてみたことろ、リコイル自体は同等に感じました。

さらに重くてバネの強いBH-USPのスライド・スピードは速く、撃つたびにビシッと
最高に気持ちのいい衝撃が手に伝わって来ます。
射撃時の「私オートマチック・ハンドガンを撃ってます的フィーリング」は現在の
ブローバックガス・ハンドガンの中では最高峰だと思います。

弾の飛びは、ホップ調整を含めて若干気難しさが覗いてる感じですが
良く飛ぶし、真っ直ぐ飛んでいきます。

10mの集弾性は、マルイ製の優秀なモデルに比べると安定感とかは少し劣りますが
決して悪くは無いですね。なかなかに良いです。

CO2カートリッジ1本で、マガジン4ほんぶん弱 大体100発弱撃てます。

さて、 前出のサイレンサー装着の件ですが、バトンさんのウエッブページに
「ショートリコイル機構のため、バレルに重量物を装着すると作動不良を起こします。」
とある様に、プロサイレンサーを数回脱着を繰り返しながら試し撃ちしましたが
サイレンサーを装着した時だけスライドがフルオープンした状態で止ってしまう
作動不良を起こしました。

ならばと、ACETECHの小型トレーサーを装着して撃ってみると
こちらは全く問題ありませんでした。

因みに、プロサイレンサーの重さは約70gで、小型トレーサーは34gでした。

リアルなショートリコイルを再現されたのは嬉しいですが、そのために
サイレンサーが装着出来ないなんて、ちと悲しい。
これは軽~いサイレンサーを探すか、我慢するしかないですな。 

最後に、バトンBH-USPは 発射作動トラブルに対して3ヶ月の完全無料修理の
保証が付いています。

BH-USP 28.7℃ 70%
0.gBB弾 平均初速   79.3m/s 
1発目 80.4m/s 
2発目 78.3m/s 
3発目 79.0m/s 
4発目 80.3m/s 
5発目 78.4m/s 
エアガンレビュー BATON airsoft バトンエアソフト BH-USP Tactical CO2ブローバックガスガン

距離 10m 2cm刻みの円 0.20gBB弾 10発

楽天市場でBH-USP Tacticalをさがす
Yahoo!ショッピングでBH-USP Tacticalをさがす

-ブローバックガスガン, BATON airsoft, CO2ガスガン

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5