やってみた特集

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。
劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

いつものお約束ですが
「当方は製品へのリスクに対して責任を
負えませんので、今回の掃除方法について
自己責任でお願いします。」

スコープとかドットサイト等、エアガンのアクセサリーを
久し振りに出してみたら  表面がベトベトになっていた経験は
ありませんか?

しかも指で触ってみると、ベトベトが指に付いてなかなか取れないという
厄介な物。

これは触った時の質感を良くするラバー塗装の劣化が原因で、
ゴム製品やラバー塗装の中で、加水分解という化学反応により
生成された  ベトベトの成分が表面に溶け出した物です。

お気に入りのスコープ等がベトベトの使用不可能状態になってしまうのは
実に悲しい事なんですが、写真のスコープも大切にし過ぎて
しばらく使ってなくて・・・
久し振りにケースから出してみると悲惨な事に!!

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

ネットで調べてみると、ラバーコーティングの劣化したベタベタには、
無水エタノールで  ふき取る、というのが多いですね。
水分を殆ど含んでないので、精密機器のスコープに
使うにも若干安心出来るかも。

ただ、すこ~し値段が高いですし、アルコールと言えば溶剤なので
ベトベト以外の塗装も根こそぎ落としちゃいそう。

何とか使える様にしたいという気持ちはあるものの、出来れば
安く済ませたいのも事実。
で、我が家のお掃除マイスターに聞いてみると、「これ使ってみ」と
差し出されたのが  重曹とセスキ炭酸ソーダ。
どちらも100円ショップで買える物です。

重曹は料理にもお掃除にも使えるお馴染みな万能製品。
環境にも優しいのですが、イメージ的にはクレンザーの様な
研磨効果に長けている  印象が強く、ガッツリ汚れを落としたい時には
良いかもしれませんが  今回の場合はどうかなあ~?

セスキ炭酸ソーダは、アルカリ性洗剤の強者炭酸ソーダと重曹を
足して二で割った  様な性質で、環境にも優しく水に溶けやすいので
扱いも楽です。

ただ「アルミ製品には使えない」ので注意が必要です。
これはセスキ炭酸ソーダに限らず重曹等アルカリ性洗剤を使うと
アルミを腐食させ、黒ずんでしまう事があるからです。

しかし、まあ今回の様に、塗装された表面のベタベタをふき取る程度なら
あまり影響も無さそうですし、黒ずむ位なら逆に歓迎しちゃうかも。
しかし腐食は嫌ですが・・・・。

という事で(どういう事や?)今回はとりあえず、セスキ炭酸ソーダで
やってみることに。

早速水溶液を作るのですが、説明書によると「換気扇やタバコの
ヤニ汚れには  水500mlに5gを溶かせ」とあるので・・・・・
空いたスプレーの容器は400ml位だし  セスキ炭酸ソーダも正確に・・・・・
と思ってたのに6gも出ちゃったし・・・・
なので適当でございます。

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

先ずは試しに、失敗しても影響の少ないフードの部分を取り外して
丁度乾燥してしまってサラサラになってしまった元ウエットシートがあったので
そのシートに少しセスキ炭酸ソーダをスプレーして表面を拭いてみました。

すると、何だか良いみたい。
ゴシゴシと拭かず優しく撫でる加減ですが、みるみるうちに落ちていきます。
濡れてるからか、ツルツル感がありますね。
乾かしてみても、触って全く問題無いレベルです。

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

勢いにのって全体を拭いて、乾燥させたのがこちら。
ベタベタ感は全く無く綺麗になりましたが、まだラバー塗装が残っている
可能性もあり  その場合は時間の経過とともに、またベタベタが
浮き出てくるわけですが、
その時はまた拭いてやればいいので簡単です。

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

では、次に本体を。
写真の様なプリントの文字は、残念ながら拭きとると
無くなってしまうでしょうね。
っていうか、ベトベトと一緒に浮き上がってるので、指で触っただけで
ずれ動いてしまいます。

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

一発で綺麗に・・・とはいきませんが、シコシコと拭き続けていれば
段々すべすべになっていきます。

問題はスコープのズーム倍率のリングに書かれている数字。
消えてしまっても実質そんなに困らないのですが、無くなってしまうのも
なんだか寂しいので、今回は残す事にします。

なので数字を消さないように、周りを慎重に拭いていきます。

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

幸いな事に、狙点修正ダイヤルにはラバーコーティングされていなかったので
プラスチック的ツルツルのまま。
良かった良かった。

劣化したラバー塗装のベタベタを取ってみた。

スコープ等は、さほど大きな物でもないので、大した時間もかからずに
拭き上がります。
写真はセスキ炭酸ソーダ溶液で拭いたままなのですが
乾くと僅かに、白浮きというかムラっぽい感じになりますね。
水を含んだシートで仕上げ拭きすれば、もっと綺麗になると思いますが
自分は面倒くさがりなので、まあこのまま!!

今回のセスキ炭酸ソーダは、以外なほど簡単にベトベトを取ってくれました。
重曹の出番は無かったですし、コストパフォーマンスは最高。
スプレーボトルに残ったセスキ炭酸ソーダ溶液を使い切るにも
苦労しそうな位です。

その反面、水に溶かして使っているので、後々サビなどには注意が必要ですし
拭き取り中に、製品内部に液が侵入するリスクもあります。
まあベトベトのまま放置してるより、リスクを承知の上でお手軽に
使える状態にまで回復させたいなら、セスキ炭酸ソーダも選択肢の一つに
なると思います。

一時しのぎ的な感もあるのですが、ご参考までに。

-やってみた特集

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5