ブローバックガスガン G&G

エアガンレビュー G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン
G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

ブローバック ガスガン

可変ホップアップシステム

全長   220mm

重量   770g

装弾数  22発

初速   平均73.4m/s (0.2gBB弾)

価格   20,460円 (税込)
 

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン
G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

G&Gアーマメント社は2001年に設立された台湾の
大手トイガンメーカーです。

G&Gと言えば、コストパフォーマンスに優れた電動ガンを作っている
と言うイメージしか無いのですが
ガス・ハンドガンも、ガバメント・タイプやベレッタM92タイプ等
数種類作られています。
ただ、今のところ日本仕様が入手出来るのはGTP9のみの様です。

GTP9はG&Gオリジナル・デザインの架空銃で
独特な直線基調のポリマーフレームオート的なガスガンです。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

ポリマー樹脂製のスライドとフレームは、ザラザラとして
艶もあり、プラ感が強いのですが
グリップ部分だけは質感が変わり、艶も消されています。

このGTP9はスライド黒色/フレーム黒色の、黒/黒仕様なのですが
色違いのバリエーションが数タイプあるので
ポリマーフレームオート的に楽しむなら黒/グレイ仕様でも
良かったかなと思ってます。

日本に入って来るかは不明ですが、現在ではスライド形状の
違うバージョンや、奇抜なカラーな物までバリエーションが
増えているので面白そうです。

刻印類は、スライド左側にG&Gの物が入っていて、スライド右側は
何もありません。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

スライドには、かなり長めのスリットが開けられ、金属製の
アウターバレルが覗いている、独特のスタイルが斬新です。

これはやり過ぎだろー!って言う位開いてます。

前後のセレイション(滑り止め溝)も、彫りの幅が広い
独特の形状をしています。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

アウターバレルはスレッデッド・バレルで、マズルキャップを
外すとネジがあるのですが、国内では見かけない12mm逆ネジ
仕様になっています。

別売の14mm逆ネジアダプターを使えば、手持ちの
サイレンサー等が装着出来ます。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

GTP9で一番独特だと思ったのがリアサイトで、一見
ノバックふうなのですが、サイティングしてみると
窪みの中が広い・・・と言うのか。

実際は写真より、フロントサイトは大きく見えるので
フロントとリアのホワイトを面一にすれば、狙いは
定まるので良いのですが
こんなの初めてなので慣れないと、素早く出来ません。
ホワイトの塗りも、なんか雑ですし。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

セイフティはトリガーセイフティとマニュアルセイフティの二つ。
マニュアルセイフティはクロスボルト式で、左を押し込んだら
右側が出るってやつですね。

左側を押し込んだらセイフティ・オンで、右側に出たボタンを
押し戻せば解除になります。

スライド・リリースレバーはアンビ(両側)のロングタイプで
使い易いです。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

トリガーセイフティは、マルイ製グロック17と比べると
セイフティ部のバネが若干強めに感じます。

指先のちょっとした感触ですが、トリガープル時の
セイフティ部分の指への当たりが、マルイの方が比較的
自然な感触ですね。

GTP9の方は、セイフティの存在を感じます。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

マガジン・リリースレバーもアンビタイプで、左右どちらからでも
押し下げれば、マガジンがスルスルと抜けていきます。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

バックストラップは2種類付属しているので、好みで
交換出来ます。

グリップは、シンプルな形状の割には握り易いですが
バックストラップを好みに合わせる事で、さらに
フィーリングがよくなりますね。。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

それぞれのバックストラップの底面には、ホップアップ
調整ツールが収納されています。

一度押し込むと、ぴょこんと出てくるので引っ張り出します。
そして斬新にもマズルからツールを突っ込んで
回して調節します。

説明書によると、120段階調整出来るそうです。
ツールを収納しているので、何時でもホップアップ調整が
出来て便利です。ホップアップ調整したくなったら、サッと出して
チョチョっと素早く調整出来ます。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

フレームにはアンダーマウントレイルを装備しているので
ウエポンライト等が装着可能です。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

ダイカスト製マガジンの装弾数は22発。
リップ部分からBB弾を装てんしますが、KSC製マガジンの様に
マガジン・フォロアーを、一番下げた状態で固定出来るので
装てんが楽に出来ます。

難儀なのがガスの注入で、国産のガスガンの様に
ガス注入時にシューと言う音がしません。

説明書によると、10~20秒注入推奨とか
マガジンが温かいと十分注入出来ないので
ガスを放出させて冷やせ等、ちと面倒ですね。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

ホップアップ調整はマズルから出来るので、メンテナンスの時位しか
通常分解する事は無いですが、スライドを外す方法はエアガンの
グロツクと同じで、マガジンを抜き、一度コッキングしてハンマーを
起こしてからテイクダウンレバーを下げると、スライドがスルスルと
前方にぬけます。

G&G GTP-9 ブローバック・ガスガン

実戦派の方は、GTP9を納めるホルスターがあるか
ご不安でしょうが、ちゃんとあります。
こちらは、AMOMAX製 USP-VP9-GTP9用ホルスター。

実射


GTP-9はハードケースに納められて、ケース内には説明書と
弾速証明書が同胞されてます。

グリップを握った感じはUSPとかグロツクの様な四角い
イメージなのですが、握り難いほどの厚みは無くて、バックストラップも
交換出来るので、中々良い握り心地です。

スライドやマガジン・リリースレバー、セイフティ等の操作系の
動きは最初からスムーズで、渋さは感じられません。

滑らかなスライドを引いて離すと、アウターバレルが金属製の
お陰か、パチンという閉鎖音が心地良い。

ブローバックは別段強力という訳ではないですが、淡々と撃てる
感じですね。

弾の飛びは、独特のホップアップ・システムの躾が素晴らしいのか
フラットな弾道を見せます。
多段階調整のお陰なのか。

集弾性も良く、実射性能は凄いです。

操作性と実射性能は文句なしなので、後は灰汁の強い
オリジナル・デザインを受け入れられるかどうか・・・かな。

距離 10m 半径2cm刻みの円 0.20gBB弾10発

楽天市場でG&G GTP-9をさがす
Yahoo!ショッピングでG&G GTP-9をさがす

-ブローバックガスガン, G&G

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5