特集

特集 おすすめCO2ガスハンドガン&CO2ガスガン人気ランキング

特集 おすすめCO2ガスハンドガン&CO2ガスガン人気ランキング

初めてのCO2ガスハンドガンの選び方

現在エアガン用ガスの主流はHFC-134aやHFC-152aといった
代替フロンカスなにります。

しかしこれらの代替フロンガスは、オゾン層は破壊しないものの
依然地球温暖化に強く影響を及ぼす事が確認されていて
年々生産数は削減され、将来的には全廃されます。

詳しくは、こちらの記事で→特集 エアガン用ガスの今後は?

そんな中、これからのエアガン用パワーソースの一つとして認識され
始めたのが8cmの小型CO2ガスカートリッジを使用したガスガンです。

まずCO2ガスガンの長所と短所を見てみましょう。

 CO2ガスガンの長所
〇HFC-134aガスガンとは異次元の強力なブローバック 
〇環境に優しい 
〇冷えに強い作動性 

 CO2ガスガンの短所
〇高圧なガスの取り扱い 
〇ガスの継ぎ足し補充が出来ない 
〇ランニングコスト 

CO2ガスは地球温暖化への影響は少なく、気温20℃で5.7気圧の
HFC-134aガスに比べ約10倍のガス圧を持っています。

その高いガス圧を利用して強力なブローバックを生み出してますし
寒い環境下でも使用する事が出来ます。

勿論CO2ガスと言えども、季節や連射で温度が下がればガス圧は
下がりますが、元々がガス圧が高いので、多少ガス圧が下がっても
射撃出来てしまうのです。

その高いガス圧が故に、安全性や改造防止に配慮されたメーカーの
物を選ぶ必要がありますし、ガスカートリッジの取り扱いも
十分注意しないといけません。

またガスカートリッジは、中のガスを使い切らないとマガジンから
外して交換出来ないので、特にサバゲーで使用するには
ゲーム中にガス欠になれば不便です。

ランニングコストも、例えば現在ネットでマルシン製CO2カートリッジ30本が
送料無料で3,400円で売られているので、1本113円。
カートリッジ1本で100発撃てるとすると、1発のガスコストは1.13円

一方ウッドランドHFC134aガス500gが送料込み最安で2.365円で
マルイ製ハイキャパのマガジンにガスが25g注入出来て、150発位
撃てるので、1発のガスコストは0.79円になります。

まあ、今後の価格変動次第で変わってきますが、今のところ
まだCO2ガスの方がややコスト高な様です。

おすすめメーカーの決め手は、安全性と窓口の対応力

先ほども書いた様にCO2ガスはガス圧が高いので、安全性や
改造防止対策がしっかり施されている物を選んで下さい。
それと困った時には、ちゃんとフォローしてもらえる所が良いですよね。

と言っても銃をみただけでは良く分からないので、一つの基準として
国内に3つあるトイガン業界の組合(ASGK,JASG,STGA)のどれかに
加盟しているメーカーやブランドを選ぶのも手です。

組合に加盟しているメーカーやブランドの銃なら、日本の法律的にグレーな
物や業界の自主規制に抵触する物は販売されていませんし
安全性や改造防止等もしっかり施されています。

ただ、それでも激しいブローバックを売りにしているCO2ガスガンだけに
スライドの割れ等のトラブルがHFC134aガスガンより多いのも事実です。

まだまだ発展途上という感じです。

でもメーカーさんもトラブルに対してはしっかり対応と対策を
されているので、暖かく見守りたいですね。

実射性能に関しては、個人的に似たり寄ったり感はありますね。

集弾性は優秀ですが、HFC134aガスを使うマルイ製ブローバック
ガスガンに比べると、やや劣ります。

国内の組合に加盟している、主なメーカー、ブランド

以下は全て、CO2ブローバックガスガンです

 マルシン工業株式会社

国内で最初に8cmCO2ガスカートリッジをパワーソースにした
ガスガンを発売したメーカー。
 
FN Five-seveN   → レビューページはこちら

 Carbon8 (カーボネイト)

台湾のKJworksのガスガンを国内仕様にして販売しているブランド。
株式会社ハッチが運営しています。
 
Cz75-2nd.バージョン 
M45CQP  →レビューページはこちら 
M45DOC 
ストライカーナイン   →レビューページはこちら
CZ P09   →レビューページはこちら

BATON airsoft 

海外メーカーのエアガンを国内仕様にして、独自企画販売しています。
有限会社タニオコバとのコラボレーションでも話題になりました。
BM-9 
BM-45  →レビューページはこちら 
BS-HOST 
M1911A1   →レビューページはこちら 
BS-STACCATO 
BH-USP   →レビューページはこちら 
BS-COMBAT MASTER   →レビューページはこちら 

 SIG AIR

実銃メーカーSIG SAUER のエアガン販売部門がSIG AIRで
製造は台湾のVFCが担当。
国内販売の窓口はLayLasさんが行っています。
M17  →レビューページはこちら 

CO2ブローバックガスハンドガン 人気ランキング

特集 おすすめCO2ガスハンドガン&CO2ガスガン人気ランキング

映画「ジョンウイック パラベラム」で主人公が使用したTTI製カスタムガンを
モデルアップ。

撃ち味も力強くて鋭く、今最も良質なCO2ブローバックなる物を味わうには
最適なモデル。

2022年4月の発売から一気に人気が高まりましたが、5月になって
他のモデルよりスライド割れの発生件数が多い事が判明。

詳しくは →バトンさんのウエッブサイトのINFORMATIONで

既に対策済みスライドを生産中で、5月下旬にはバトンさんに納品される
そうなので、COMBAT MASTERを購入予定のかたは、もうしばらく待って
再販品を購入して下さい。

BS-COMBAT MASTER   →レビューページはこちら 

特集 おすすめCO2ガスハンドガン&CO2ガスガン人気ランキング

グロックのカスタムモデル的なオリジナルスタイルのストライカーナインは
「撃ち味と狙い易さが両立したセミ・ハードリコイル」というコンセプトで
2021年2月の登場以来、高い人気が続いています。

ストライカーナイン   →レビューページはこちら

  
アマゾン 楽天市場 Yahoo!ショッピング 

特集 おすすめCO2ガスハンドガン&CO2ガスガン人気ランキング

アメリカ陸軍 M9ピストルの後継拳銃として制式採用されたSIG SAUER M17
を自社のエアガン部門がモデルアップ。

特筆なのは独特のブローバック・フィーリングで、構えてる腕を
突き抜けて来る様な芯のあるリコイルショックは唯一無二。

撃ち応えの気持ちよさで言えば、個人的に一番のお勧めです。

スライド操作時の金属音も良い。

M17  →レビューページはこちら 

   
アマゾン 楽天市場 Yahoo!ショッピング 

撃ち応え別 おすすめCO2ガスガン

 とにかく最大級のドッカン・リコイルショックを味わいたい
Carbon8 M45CQP  →レビューページはこちら 
BATON air soft M1911A1   →レビューページはこちら

 力強くて鋭いブローバック・フィーリングは最高
BATON air soft  BH-USP   →レビューページはこちら 
SIG AIR  M17  →レビューページはこちら 

 リコイルショックを抑えめに、実用重視派
Carbon8  ストライカーナイン   →レビューページはこちら
Carbon8  CZ P09   →レビューページはこちら

-特集

© 2022 エアガンレビューブログ GUN-NET Powered by AFFINGER5